Latcho Drom

ライブ、舞台、旅行のログ。K-POP、洋楽、宝塚多め。ネタバレします。

20170202/0212 ロミオ&ジュリエット @ 赤坂ACTシアター

2017.02.02 18:30
ロミオ:古川雄大
 悲壮感あるロミオというか、現世では幸せになれない顔してるロミオ舞台に立ってくれてありがとうございます。

ジュリエット:生田絵梨花
 超マブい(死語かな)。さすがの現役アイドル。歌は声がややアイドル抜けてないけどしっかり出るなあと思ったのだけど、お芝居はうん、うん。

ベンヴォーリオ:矢崎 広
 間の抜けたベンヴォーリオというか、面白くないけど人がいいベンヴォーリオ。比較すると馬場くんのほうが歌もバランスも好きだなと思ったのだけど、2幕のソロは矢崎ベンヴォーリオのほうがすごい泣けた不思議。

マーキューシオ:小野賢章
 ヅラも表情もぶっ壊れてたマーキューシオだった。死に際の「どうして割って入ったんだ」って本当よね~~ロミオ本当にバカよね~~~~~そういうバカがいいのよね~~~って天国で会ったら言いたくなる感じのマーキューシオだった(どんなだよ)。

ティボルト:広瀬友祐
 「歌えるんだ、この人」(既に何役も見ているのにこの感想)。セリフ忘れたけど一幕で大公かだれかを恭しくする姿がフェルゼンのそれを思い出した。腹筋に影を入れてたかどうか本人に聞きたい。

死:宮尾俊太郎
 美しく気持ちが悪かった。

2017.02.12 13:30
ロミオ:古川雄大
 ジュリエットが「その名はロミオ」と言うのをジュリエット宅の下で聞いて喜んでるロミオ完全に変態だなって。あんなに浮かれてたのに二幕マジで悲壮感しかない不憫なルドルフ…(違)

ジュリエット:木下晴香
 制作発表やスチールよりずっと可愛かった。透き通った娘役のような歌声だったし、守ってあげたいジュリエットだった。

ベンヴォーリオ:馬場 徹
 バランスが良いというか、この人だけ少年からもう大人になろうとしてるんだなあ(ニートだけど)。最後にジュリエットの乳母とハグするのもすごく自然な流れだった。

マーキューシオ:平間壮一
 小野くんよりも大人かなという印象。あと根がとてもいい人そう。軽々しくアクロバティックでかっこいいマーキューシオだった。

ティボルト:渡辺大
 熱い。大してメイク濃くないのに暑苦しい。やや正義感すらありそう。木下ジュリエットと渡辺ティボルトならいい家庭が築けたと思う(お話にならない)。1789より歌がうまくなってた。岡さんに声かけていただけて良かったね。良かったね。

死:大貫勇輔
 背筋にうっとり見とれてしまった。


 宝塚版は死の対比として愛が出てきて、あれはあれでとても幻想的で幸福感があってモーツァルトのようなピンク色でいいんだけど、死が強調されることでロミオとジュリエット二人の愛が死を超越する最後の絵が壮絶で美しいなあとしみじみ思った次第。
 シングルキャストは安定した方々ばかりだったけど、秋園美緒さんの歌をもっと聞きたかったなあ。

 大野君、見なくてごめんなさい。

 それにしてもやっぱりフレンチミュージカルが好きらしい。