Latcho Drom

ライブ、舞台、旅行のログ。K-POP、洋楽、宝塚多め。ネタバレします。

ドン・ジュアンを読んだ

 ドン・ジュアンがとんでもなくクズであっぱれであった。しかし読み終わってからこれヒロインなんていないしどうすんのって思ったら、雪組さんのドン・ジュアンはモリエールの戯曲じゃなくてミュージカルのドン・ジュアンなんだね。盛大な勘違い。さらっとあらすじ読んだけど話全然違うじゃん!ということで、ドン・ジュアンとスガナレルの掛け合いやドン・ジュアンの清々しいクズの熱弁は見れないのか…なあんだ…なあんだっていうか、ただの勘違いなんだけど、雷に打たれて死ぬドン・ジュアン(望海風斗さん)とご主人様が死んで開口一番「俺の給料ォォ!!」って叫ぶスガナレル(彩風咲奈さん)見たかった。すみれコード全部引っかかるわ。それにしてもあの話からドン・ジュアンが真実の愛に目覚めるなんてそんなばかなミュージカルよく作ったなあ…アモーレの国フランス恐ろしや。


ラストのほうで父親相手に白々しく演技したあとでスガナレルに対して偽善について語るシーンがとてもいい。

ドン・ジュアン (岩波文庫)

ドン・ジュアン (岩波文庫)

フランス・ミュージカル版の音源などは手に入りにくいようだ。曲は同じなのかな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村