Latcho Drom

ライブ、舞台、旅行のログ。K-POP、洋楽、宝塚多め。ネタバレします。

れんこんとケビンちゃんが似ていると思う話~明日への指針/花詩集100 新人公演を観た

 訳:月組の蓮つかささんとU-KISSのケビンちゃんが似ていると思う。

 Dream Timeという宝塚のトーク番組で蓮つかささんをお見かけした時に、なにか引っかかるところがあって、その時はお育ちが良さそうという理由で凪七瑠海さんっぽいなと思っただけかと思ってたんだけど、今回舞音/Golden Jazzを見てケビン… そして昨日うちで明日への指針/花詩集100の新公を見ていて、ああ、ケビンちゃんだわと思ったところでこれ誰に伝えたらいいんだ(伝えなくていい)。これでわたしの中で月組にはケビンちゃんと手越がいることになった。

 明日への指針/花詩集100の新公を見ていて思ったのは、あれは今から1年半くらい前に舞台になるわけだが、わたしは1789からしか月組を知らないし、下級生はこの1か月で覚えてきたから、1年って本当に大きい成長をするんだなあと、逆から見て感じた次第。明日への指針の主役・手越こと暁千星さんはバウ主演もやってる上げられてる方ではあるけど、どうにもこうにも顔が丸いからか背は高いのにお子様感が否めなくて以下略。走り方がどんくさい女の子くさいから変えたほうがいいと思ったけど、これは今日の舞音でどうか確認してこよう。そもそも本来あの役はクズなのにクズのかけらも感じられなくてだな。まあ、でもそれは仕方ないよな。それに対して朝美絢さんはひたすらに「美」だったけど、どうしても顔が先行してしまうとこはあるなあ。
 
 相手役の海乃美月ちゃんはかわいいのだけど、この方顔は清楚なのに役になると圧倒的に清楚系じゃなくて強い女性の方が似合うから不思議。舞音新公でズーウェイやってたの絶対似合ってただろうなァァァ。単純に清楚系が苦手なだけじゃないのかとも思うけど、お話の上で清楚系が目立つって難しい話よな。清楚といえば花詩集のほうだけど、美少女の楓ゆきちゃんを認識した。95期の余興で必ずヒロインというのがわかった。
 
 本役・憧花ゆりの嬢=晴音アキちゃんに花組オーシャンズ11で観た本役・桜一花嬢=仙名彩世さんのつながりを見た気がするんだけど、花詩集での輝月ゆうまさんと晴音アキちゃんのデュエット昨日1度見た後5回はリピートしたくらい素晴らしかったから本公演でももっと歌ってもらいたい。

 お顔が個性的な夢奈瑠音さんはモブにいてもすぐわかるから1789のときに覚えたのだけど、今回舞音でもセリフもらってたし、路線にちゃんと乗ってる方なんですね。明日への指針で膝に手をついて子供の目線に合わせるとこで「ぎゃー!かわいい!!」と叫んだくらいかわいくて、花詩集で白王子としてせりあがってきたときはソロあるんだ!と喜々としたのに無情にも「著作権の都合により歌は割愛させていただきます」テロップが入った。嗚呼、憎い。

 龍真咲さんと同じ歌を歌わないといけない珠城りょうさんはそれは無理があるだろうと思ったけど(新公を見て感じる本役のうまさよ。お歌に関しては隼海惺さんの銀橋ソロはずっこけるどころかもう笑ったと思って調べたらもう退団されてた)、たまきちがもしトップになったら骨太な男役が主役になるんだなーって階段降りしてるのを見てなぜだかちょっとじんわりきた。というか彼女はこの新公ではダントツにスターの風格があったと思うし、やっぱりたまきちのトップはすぐにとは言わないけどいつか見たい。

 でも何といっても、輝月ゆうまさんと晴音アキちゃんのデュエット。生で拝みたかった。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村