読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Latcho Drom

ライブ、舞台、旅行のログ。K-POP、洋楽、宝塚多め。ネタバレします。

150319 The Charlatans (FRED PERRY Presents Sub-Sonic Live 2015) @ 渋谷TSUTAYA O-EAST

サポートのシャムキャッツはここでやるだけあって、おお、今何年だっけ…と思うような音だったわけだが、シャーラタンズは25年もやってるわけで、音というのは廃れないな、本当に。なんたって1曲目はわたしがシャーラタンズを最初に見た2004年のレッドマーキーと同じWeirdoでスタート。いきなりテンションぶちあがった。あれ、2004年ってもう11年も前か、笑えん。それはともかく、Weirdo~North Country Boyはすごい流れだったなと、世代じゃないわたしが見てもそう感じたから、フロアにいた世代のファンはさぞ満足してただろうなあ。今まで生で見た中で一番くりぼうカットだったティムは終始とてもご機嫌で、ご機嫌すぎてスマホで写真や動画を撮りまくってそのタイミングでインスタにアップ。スマホ下げてと客に言うアーティストが多い中でなんという緩さ(笑)。

新譜は一度も聞いてなくて、YouTubeに上がってた2曲くらいしか聞いてなかったのだが、ライブで最初に聞いても昔の曲との差があまりなくていいライブだったなあ。ただライブは最高だったんだけど、主催がFred Perryだったためか関係者も多く、終わった後に「レッチリ呼んでよ!」なんて話してるくらい頓珍漢だったことがとてもネタであった。それでも5,000円でこれは安すかったなあ。ありがとう、Fred Prerry(現金なやつ)。


support: シャムキャッツ、 DJ Gakuji “CHABE” Matsuda

セットリスト

1. Weirdo
2. North Country Boy
3. Talking In Tones
4. So Oh
5. Tellin' Stories
6. Trouble Understanding
7. Let the Good Times Be Never Ending
8. Oh! Vanity
9. One to Another
10. You're So Pretty, We're So Pretty
11. Emilie
12. Just When You're Thinking Things Over
13. In The Tall Grass
14. How High
15. The Only One I Know
16. Come Home Baby

17. Sproston Green