Latcho Drom

ライブ、舞台、旅行のログ。K-POP、洋楽、宝塚多め。ネタバレします。

英会話教室に行ってみた話

自分の英語がどの程度保持されているのかを確認しに無料体験レッスンに行ってみた。どこもだいたい春のキャンペーンをやっていたので、どういう売り方をしているのかも見れて面白かった。どちらかというと体験レッスンよりもカウンセラーのお姉さんや予約、体験後の対応を見比べるほうが楽しかった。土地柄リーマンが多いからどこも生徒さんがいっぱいいるようで活気があったのはなかなか驚いた。英語勉強してる人多いんだねえ。

行ったのは順にベルリッツ、GABA、English Village、COCO塾。シェーンにも行こうと思って予約までしたのだけれど、胃腸炎のせいでリスケするのが面倒になってやめた。ちなみにわたしの英語力は大学在学時のTOEICが850程度(だった気がする)、英大卒、卒業後帰国してから6年くらい英語はほぼ全く使っていない。語彙力のなさと文法のできなさ具合は多分日本の高校生を下回る。

結論から言って、お金や時間などをなにも考慮せずに単純に英語を勉強することだけを考えるのであればベルリッツがベストだと思う。何より先生の教え方が上手い。体験だったからどの程度本物の授業と同じようにやってくれたのかは分からないけれど、間違えたところをすぐに直して説明してくれるからわかりやすかった。おそらく本当にビジネスで必要としている人が来るところなのか、レベルチェックもここが一番厳しかった(1番最初に行ったというのもあるかもしれない)。圧倒的に法人契約でしかとってないんだろうなと感じるくらいにビジネスライクな対応で、その後の勧誘は1度メールがきただけ。真面目に勉強できそうだったのだが、いかにせんレッスン料、年会費、教材費どれをとっても高い。高すぎる。ちなみに体験レッスンをやってくれた先生は、カナダ人の男性。TAICOに行ったことがあるらしい。

次のGABAは金銭面ではベルリッツと同じくらい高いけど、もっと開放的、いい意味でとても明るい英会話教室だった。授業を受けるスペースが半オープンで個室ではないから、マンツーマンではあるけど授業時間はワイワイしてて、人によっては集中しづらいことはあるかもしれない。ちなみにここもカナダ人の先生だった。日本の歴史好きの女性。大学で考古学勉強してたと言ったら喜んでた。ここのシステムで凄いなと思ったのは、インターネットを使って復習ができること。自分がその日習ったことを先生がチェックしてアップしてくれる。ただわたしは正直これは自分だったら途中で見なくなるだろうなと思った。進研ゼミみたいな自習って出来ない。あと先生のプロフィールもサイトに掲載されていて、それを見て今日はこの先生がいいと選んで予約が出来る。これ人気の先生はインセンティブ貰ってるんだろうか。ただ他の3つに比べると凄く丁寧ではあるのだけど(事前予約の段階で予約確認+前日確認の2度電話があったのはここだけだった)、それが逆に少ししつこく感じた。

English Villageはいわゆるカフェでちょっとお話ししようかより少し教室感を出しました程度のところで、授業の合間の休憩時間が1分もないという先生殺しのところだった。マンツーマンで一人終わったら次の生徒を呼びに行って早く早くとドタバタ、受付のお姉さんも1人しかいないからわたしに説明をする間(多分15分もなかった)3,4回電話を取りに行ってて慌ただしいという印象で終わってしまった。授業も教材はコピーして使うか持ち込みでなんでもいいよというスタイルだったから確かに金銭面ではほとんどかからないわけだけど、あんまり落ち着いて勉強できそうにはなかったかな。そんなところだからもちろんその後の勧誘は一切ない。あそこの受付時給いくらかな。先生はアメリカ人。最近流行りのエレクトロくらいは聴くよとのこと。

最後にCOCO塾。伊勢谷友介はいなかった。ここの授業はハイテクだった。かなり巨大なスクリーンを使ったりしてここのコスト削ればもっと安くなるんじゃないかと思うくらい。ホワイトボードとコンポで十分じゃないのか。多分ここの授業が一番イメージしてた英会話教室の授業らしかった。というのも体験ではマンツーマンだったけど、ここは2、3人のセミプライベードが多いようで、ちゃんとテキストに沿って授業をするようだった。カウンセラーのお姉さん曰く「クライスメイトによってかなり変わります」。それはそうでしょうね。セミプライベートレッスンだと時間が決まっていて、振替が面倒というところがここは難点。余談ではあるけど、体験をやってくれた先生は中国系アメリカ人だったのだけど(中国語は離せない)、イギリスに行っていた話をしたらイギリス人の先生も連れてきてくれた。しかも北部出身でいきなり先週のダービーは酷かったね(ちょうどリバプールマンU戦の後だった)と言われてムカついたけど、楽しかった。Ta!は帰国して初めて聞いたよ。

2、3週間で4か所を巡ったのだが、自分の英語力は自分が予想していた通りのフィードバックが返ってきた。結局のところお金をかけようがかけまいが、勉強する気があるかないか、必要に迫られているのかどうかという問題だという結論に至ったのでこれにて英会話教室考察、完。