Latcho Drom

ライブ、舞台、旅行のログ。K-POP、洋楽、宝塚多め。ネタバレします。

BTS(防弾少年団) - アメリカンハッスルライフ 一気見記録

一日費やして全8話を一気見。



最初の方は超かわいくて超笑って布団叩いたり大変だったけど、ウォーレン・Gとかアイリス・スティーブンソン出てきてなんて金かけて羨ましいことやってんだこのやろうと腹が立ち、アルバイトのくだりと韓国人特有の言い訳に腹が立ち(あの人たちがよくベストが尽くせなかったっていうのが本当に苦手)… あれ?まあともかく、色んな人に出会えるっていうのは本当に羨ましい限りだよ… 夜の街でナンパしてPVに出てもらうとこなんて本当最高だった。HIP HOPのPVのイメージなんてだいたいYO YOって横並びで歩いてくるか女の子はべらせてイチャイチャしてるかなんだから、あれだけHIP HOPが流行っててアメリカ気取りのわりにおかしいだろうって誰だって思うわ。ただこうやって見ると、やっぱりギャップを感じてしまうことが多くて、小室さんが言うK-POPが思い浮かんだ。*1

れぷもん先輩は英語流暢だなと思ったけど、確かにあの人自信がなさそうなのが目に見えてわかったし、リーダーではあるけど、一番上ではない立ち位置が本当に面白い子だなあと。それに対してシュガくんはあの美白でLAの空気が吸いたい、おお、これが本場…!って城壁にさらによく分からない装備つけてたところであの女の子たちと絡むときだけただの童貞感しかなくてこの番組内で一番笑ったかもしれない。なんという脆い壁。グクちゃんは一人だけ別のソファーで寝たり、洗濯物別にしたり、反抗期マックスでいい子に育てよ…。ジンさんはぽわんとしてるのに意外としっかりしてて、ダンスもボイパもできないのに本当によく頑張ってたし、いいお兄ちゃんなんだなあと思ったけど、それを上回るホプさんのできる子ってぷりに驚いた。自分で婿に欲しいでしょ?って言ってたけど、まさに婿にもらうならホプさん。ただ今回一番印象に残ったのは、テテの臆せずやってみる精神。10asiaのインタビューで話していたことがよく分かったし、最後チューターのトニーとネイトは天使みたいだって言ってたけど、君が天使だよ…*2

ジミンちゃんがあまりHip Hopは詳しくないし、自分がなにをやりたいのかもよく分かっていない、意外と小心者だけど、ぼく初めてだったけどよく頑張ったよね?って聞いちゃうところとか、真面目に言うこと聞くいい弟で、何より英語が得意ではないのにトニーとネイトにあんなになついてよくしてもらってるところがあの子の人となりを表してて本当にかわいかった。ただ覚えておけチムチム、働かざる者、食うべからず。これホントひっぱたきたい。

f:id:rockqueen:20150228223804p:plain

それにしても、私の大大大好きな「天使にラブ・ソングを…2」のモデルになったアイリス・スティーブンソンのレッスンは本当に羨ましかったし(映画公開当時に生まれた、生まれてなかったことには白目向いたけど)、一番悔しかったのはウォーレン・GがVIP Recordsに連れて行ってたこと…私も推しをレコ屋に連れていきたい…

アメリカンハッスルライフ2あるといいなあ